富裕層向けラグジュアリーカードのブラックカードを手に入れた話。

富裕層向けに展開するラグジュアリーカードという金属製のクレジットカードがあります。そのラグジュアリーカードの「ブラックカード」を手に入れました。

マスターカード最上級カード「ワールドエリート」のステータスと金属でできた重厚感あるカードは、まさにラグジュアリー。

ブラックカードはラグジュアリーカードの中では中間のランク付け。

最上級はゴールドカードで、24金のコーティングが施されたクレジットカードです。聞く話によるとゴールドカードもブラックカードもサービス面での大差はそこまでないらしい。

コンシェルジュやリムジン送迎などのサービスはまだまだ使いこなせていないので、使いこなして口コミとして記事をアップしていきたいと思います。

 

富裕層向けラグジュアリーカードの”ブラックカード”が届いた

素材はプラスチックではなく、金属です。

カード表面はステンレス。裏面はカーボン製になっていて、特別な質感を演出。

クレジットカード表面に書かれているカード番号や名前などの文字は、レーザーで一字一句丁寧に印字したものでまさに職人技。

クレジットカード右下のMasterCardのロゴは20分以上もの時間をかけて削り出されているんだとか。

重量は21g。手に取ると、ズッシリ重く、ステンレスの冷たさと硬さが伝わってきます。

金属とカーボン、丹念に時間をかけ作り上げられたまさに“こだわりのプレミアムカード”といって印象です。

買い物や食事の会計時に「ホイッ」とこのラグジュアリーカードを出すと「珍しいカードですね!」とビックリされます。ちょっとした優越感味わえます。笑

 

富裕層が喜ぶラグジュアリーカードの魅力的なサービス

マスターカード最上級ラグジュアリーカードのブラックカード

  • コンシェルジュサービス
  • 国内空港ラウンジ
  • プライオリティパス
  • 国際線手荷物無料
  • ダイニング優待
  • グローバル・ラグジュアリーホテル優待・・・

まぁいろいろなサービスがあるんですが、近々、予約困難な高級店の予約がとれ、自宅からお店までリムジン送迎してくれるサービスがあるので、使ってみようと思います。

昔はカードなんてなんでもよくない?

とか思ってましたが、やはり食事やホテルなどの会計時に、上質なハイステータスなカードで支払いをするだけで、相手が自分を見る目が変わります。

お金やステータスは、口ほどに物を言うと思っています。

僕はそんなさり気なく相手に知ってもらうのが好きです。あからさまよりさり気なくが好きなタイプ笑

カード使ってよかった点や、富裕層向けサービスを使ってみた感想など、またブログやツイッターでアップしていきます。

それでは。










The following two tabs change content below.
麻田 樹
現在28歳。社長兼ビジネスオーナーとして会社7社を経営。多くの方の協力を経て順調に事業展開中。初めはアフィリエイトビジネスから成果を上げ、現在は株式投資、FX、暗号通貨など投資家に移行中。自分のライフスタイルを豊かにした経験や社長業の日々で得た情報、感じたことをブログでシェアし、1人でも多くの20代へ多くの刺激や活力を与えていきたいと思っています。>>僕の成立ちはコチラ

金持ちが多い香港で日本人が知らない最新の金融(お金)情報を得るため旅行へ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Profile



■会社7社を経営する麻田です。
28歳。社長兼ビジネスオーナーとして会社7社を経営。多くの方の協力を経て順調に事業展開中。初めはアフィリエイトビジネスから成果を上げ、現在は株式投資、FX、暗号通貨など投資家に移行中。自分のライフスタイルを豊かにした経験や社長業の日々で得た情報、感じたことをブログでシェアし、1人でも多くの20代へ多くの刺激や活力を与えていきたいと思っています。
僕の成立ちはコチラ

■各SNSも更新しています。
  

■社長ブログランキング
ブログランキング

ピックアップ記事

  1. 仮想通貨NEMに期待
    NEM(ネム)マジスゲー!と今日はずっと心の中で思っていました。僕が投資している暗号通貨の1…
  2. 今日は風と雨がスゴイですね。うちの猫ちゃんは外から聞こえる風の音が気になるようで、耳を立てて…
  3. 継続こそが成功の近道
    「コツコツ頑張ろう!」って言葉、聞いただけで「めんどくさっっっ!」と思いません?正直…
  4. ワインディングマシーンを新しく買い替えました。10万円くらいするものが欲しいなーと思ってまし…
  5. シンガポールへ証券口座を作りに行く事がメインの今回の旅行。どうせならマレーシアとシンガポール…
PAGE TOP